青春の食べ歩き100年記

そこに食べ物がある限り、食べ続けます

プルコギ丼

f:id:mymaichan:20170722191925j:plain

さらりと広がるごはんの澄んだ甘み。
ワンテンポ遅れてお肉の強い味がドンと追いかけてくる。
お肉の味は濃くて、重くて、でもごはんはさっくりと爽やかで。
ライトなごはんとヘビーなお肉の味わいのアップダウンが素晴らしくマッチ。

いやコレね、美味いですよ!
素敵に美味いですよ!

噛めば噛むほどに唾液で甘みが増し、お肉のうま味もずんずんと膨らんでくる。
お肉は柔らかく、ごはんは粘りたっぷり。
甘辛いタレもまた美味しさのスパイスとなって。

もう最高!