青春の食べ歩き100年記

そこに食べ物がある限り、食べ続けます

〆サバ寿司

f:id:mymaichan:20170725233541j:plain

サバの身は厚みたっぷり。
そしてその分厚い身から湧き出す脂。
ひと噛み目でどろりと大量にあふれ出してくる。
濃厚でねっとりとしたオイリーなうま味。


シャリのほどけ具合も程よく。
ぱらりぱらりとばらけながら、肉厚なサバの身と交わっていく。
粘っこいお米と、うま味満点のサバの身。
噛めば噛むほど溶け合う美味しさ。
贅沢な味わいは、もう迫力満点のボリューム感。