青春の食べ歩き100年記

そこに食べ物がある限り、食べ続けます

うな牛

f:id:mymaichan:20170625133126j:plain

うなぎ。

肉厚ゆえにお肉のふんわり感がなんとも生き生きとしてて。

そしてタレ。
これがまたい~い味出してて。

お醤油の香ばしい風味、水飴かな?のとろとろの質感、煮詰められた濃密な甘み。
うなぎの身との融合感も文句なしで、継ぎ目なくきれいに馴染む。
噛めば噛むほどに増していくうま味、甘み。

い~や、やるじゃないのすき屋さん!!